/

この記事は会員限定です

働き方改革も交渉進む シニア・インターバル制度焦点に

[有料会員限定]

2018年の春季労使交渉では賃上げとともに、長時間労働の是正や生産性向上を目指す働き方改革が引き続き焦点になった。日本経済新聞社の緊急アンケートによると「仕事と育児・介護の両立支援」などについて労使間で交渉し、「シニア雇用制度の見直し」「勤務間インターバル制度の導入」にも注目が集まった。人材獲得競争が激化する中、柔軟な働き方が不可欠となっている。

「今春季交渉で、働き方の見直しは前進感が出てきて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り678文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン