/

この記事は会員限定です

官僚の仕事は誰のため

財務省の決裁文書「改ざん」問題

[有料会員限定]

学校法人「森友学園」への国有地売却に関する財務省の決裁文書の「改ざん」(書き換え)問題。新聞によって1面の見出しが分かれました。13日付の日本経済新聞は「答弁に合わせ書き換え」と表現しましたが、どう見ても、これは改ざんでしょう。「書き換え」では罪の重さが伝わりません。

民主主義の根幹に関わる事件

「改ざん」と表記してしまうためにイメージが湧きませんが、本来は「改竄」と表記します。「竄」には、隠れる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1133文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ジャーナリストで東京工業大学特命教授の池上彰(いけがみ・あきら)さんの連載コラムです。経済や教養、若者の学び方や生き方、さまざまなニュースや旬のテーマを、池上さん独自の視点・語り口で掲載します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン