2018年4月26日(木)

南海トラフ、「ゆっくり滑り」広範囲に発生 海洋機構など

科学&新技術
2018/3/14 19:00
保存
共有
印刷
その他

 海洋研究開発機構は14日、南海トラフ巨大地震の想定震源域で「ゆっくり滑り」と呼ぶ現象が広い範囲で繰り返し起きている可能性があると発表した。海底に沈めた地震計などの観測データを分析してわかった。巨大地震発生の仕組みなどの解明につながるとみている。英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ(電子版)に掲載された。

 南海トラフでは、海側のプレート(岩板)が陸側プレートの下に沈み込んでいる。そのひずみに耐えきれずに境界が急に動くと、巨大地震が起こる。一方、ゆっくり滑りは境界がゆっくり動き、人は揺れを感じない。

 中野優特任技術研究員らは、2016年4月に三重県沖で起きた地震を調べた。震源域よりも浅い部分では「超低周波地震」と呼ぶ非常にゆったりとした揺れが観測され、ゆっくり滑りも同時に発生していた。

 ゆっくり滑りは東日本大震災の前にも発生している。監視することで大地震発生の手がかりなどの解明につながると期待されている。

春割実施中!日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報