2018年6月22日(金)

全日空、上海吉祥航空と提携 25日から共同運航

2018/3/14 15:38
保存
共有
印刷
その他

 全日本空輸は14日、中国の上海を拠点とする中堅航空会社、上海吉祥航空と提携すると発表した。日本と中国を結ぶ国際線や両国の国内線で25日から共同運航(コードシェア)を始める。需要の大きい上海路線や中国国内線のネットワークを広げ、ビジネス渡航や中国からの訪日観光客の利用拡大を目指す。

 共同運航の対象となる国際線は上海と羽田、名古屋、関西を結ぶ路線。中国国内は上海と重慶、西安などを結ぶ路線、日本国内は関西と羽田や沖縄を結ぶ路線で共同運航する。飛行機に乗るとたまるマイルでも提携する。

 上海吉祥航空は上海近郊エリアに強く、国内外の主要都市に110路線以上を展開する。定時到着率の高さなどに定評があり、全日空が加盟する航空連合スターアライアンスには2017年に準会員にあたる「コネクティングパートナー」として加盟した。

 全日空はこれまで米ユナイテッド航空や独ルフトハンザグループなどの航空大手と連携を進めてきた。今後は今回の吉祥航空のように、特定の地域に強い航空会社との連携も進め、効率的に路線ネットワークを広げていく。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報