2018年9月26日(水)

経団連、法制度やインフラ整備促す ミャンマー訪問

2018/3/14 13:19
保存
共有
印刷
その他

 ■経済団体連合会(経団連) 小林健副会長(三菱商事会長)ら代表団がミャンマーを訪問し、法制度やインフラの整備などを促した。13日まで3日間滞在し、アウン・サン・スー・チー国家顧問ら政権幹部らと会談した。

 代表団は12日、首都ネピドーでスー・チー氏ら政権幹部と会談。小林副会長によると、スー・チー氏は日本企業からの投資に強い期待感を示した。ミャンマーはイスラム系少数民族ロヒンギャに対する迫害で国際社会の非難が集中しているが、スー・チー氏との会談では議題に上らなかったという。

 最大都市ヤンゴンで13日に開かれた地元経済界との意見交換会では、小林副会長が「自由で開放的な事業環境を整えることが重要だ」と述べ、規制緩和などの経済改革をさらに進めるよう求めた。

 ロヒンギャ問題が日系企業の投資判断に影響を与えているかとの質問には「今のところ聞いていない」と述べるにとどめた。

(ヤンゴン=新田裕一)

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報