2018年12月14日(金)

賃上げ、働き方改革 中小企業が苦渋の決断

2018/3/14 11:57
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2018年の春季労使交渉で14日、主要企業の一斉回答があった。中小企業の間では景気の先行き不透明感の懸念を抱えつつ、人手不足への危機感からやむなく賃上げに踏み切るケースも多い。働き方改革を進め、従業員の労働環境を整える動きも出ているが、うまく対応できずに困惑する現場も少なくない。

「働き手を確保するための苦渋の決断」。従業員約150人を抱える栃木県の自動車部品メーカーは17年秋、9年ぶりに2%の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報