/

この記事は会員限定です

18年の春季労使交渉、働き方改革も主要テーマに

[有料会員限定]

2018年の春季労使交渉では、長時間労働の是正など働き方改革も大きなテーマとなった。日立製作所の労使は終業から始業までの間に一定時間を空ける「勤務間インターバル制度」を導入することで合意した。賃上げでは労使が激しく攻防したが、働き方改革は生産性向上につなげたい会社側も受け入れやすく、協議は比較的前向きに進んだようだ。

日立の労使は14日までに、終業と始業の間に最低11時間の休息を確保するインターバル制度を導...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り467文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン