2018年12月17日(月)

米NEC委員長、クドロー氏有力 保守派の著名経済評論家

2018/3/14 0:41
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=河浪武史】トランプ米大統領は13日、辞任を表明したコーン国家経済会議(NEC)委員長の後任に、保守派の著名経済評論家、ラリー・クドロー氏を起用する可能性が高いと明らかにした。NECは政権の経済政策の司令塔で、税財政改革やインフラ投資などを主導する。クドロー氏はトランプ氏と親交が深く、2016年の大統領選でもトランプ氏を支持した。

トランプ氏は記者団にNEC人事を問われて「クドロー氏の可能性が非常に高い」と明言した。クドロー氏はニューヨーク連銀のエコノミストなどを務め、1980年代のレーガン政権でも経済政策を担当した。現在は米CNBCテレビに経済評論家として出演している。

コーン氏はトランプ氏の鉄鋼・アルミニウムの輸入制限に反発し、6日に「数週間以内に辞任する」と表明した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報