2018年12月10日(月)

中部5県、1月の鉱工業生産 3カ月ぶり低下

2018/3/13 22:00
保存
共有
印刷
その他

中部経済産業局が13日発表した管内5県(愛知、岐阜、三重、石川、富山)の1月の鉱工業生産指数(2010年=100、速報値、季節調整済み)は前月比11.1%低下の115.8で3カ月ぶりに落ち込んだ。好調だった前月の反動で、例年1月に比べ高水準という。経済動向の総括判断は9カ月連続で「改善している」で据え置いた。

中国の地元メーカーや輸出用多目的スポーツ車(SUV)向けの自動車部品と、国内のハイブリッド(HV)車、小型車の落ち込みが響いた。中国や韓国のスマートフォン(スマホ)向け電子部品も低下した。

個人消費を示す管内商業動態統計(速報値)は百貨店とホームセンター以外は上向き、販売額は前年同月比で1.6%増えた。百貨店は衣料品が振るわなかった。コンビニは「サークルK」や「サンクス」から「ファミリーマート」へのブランド転換で店舗数が減ったという。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報