2018年6月19日(火)

東京・練馬区や東大、認知症患者への接客研修ツール

2018/3/14 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 東京都練馬区は東京大学と組み、接客業の人が認知症患者へどう対応すればよいかを学ぶプログラムを開発した。区内のセブンイレブン店舗の協力を受け、患者が来店した際の事例を集めた。判断に迷う場合の解決策をゲーム形式で研修できるようにした。まず4月から区内のコンビニエンスストアや商店などで導入し、将来は全国への普及をめざす。

 研修プログラムの名称は「ニンプロ」で、東大の看護学の研究者らが中心となり発案した…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報