/

奈良の名所を結婚式場に 親子2代で事業転換

アトツギ創業・ディライト

古都・奈良を中心に結婚式場やレストランを運営するディライト(奈良市)。世界遺産に囲まれた公園や遊園地の跡地を有効活用し、新たなデザインの施設運営を手がけている。「歴史ある資産を生かし、新しい価値を提供する」。出口哲也社長(39)が考えるビジネスモデルは、家業の繊維業を父親の悦弘会長(64)と親子2代で転換した思いと重なる。

ホテルや遊園地を再生

東大寺など世界遺産をのぞむ奈良公園。緑豊かな若草山を背景にした風光明媚(めいび)な空間の一角に異色の結婚式場がある。ディライトが2004年に開業した「ザ・ヒルトップテラス奈良」。緑や仏閣に囲まれた場所で結婚式ができるとあって、開業以来、県内で最も予約がとれないほどの人気ぶりだ。

同じ敷地内では地元の食材を使ったフランス料理店も経営。式場はシーズンによって客数の変動が大きいが、「結婚式以外でも足を運んでもらいたい」と哲也社長は話す。

スタートアップ企業のような社名だが創業は1950年。哲也社長は家業である綿製品メーカーの三代目だ。現在も別会社で婦人服の輸入販売を扱うアパレル事業を続ける一方、繊維市場の縮小を背景に父・悦弘氏とともに2000年代に業態を大きく転換した。

哲也氏は03年に大学を卒業後、大阪の繊維商社で3年間修業していた。「ザ・ヒルトップテラス奈良」はそのころ、悦弘氏が先細りの事業を多角化するために勝負をかけた物件だ。競売ホテルを落札し、結婚式場に再生した。

そんな父の背中を見ていた哲也氏は、06年に家業に入った。親子ともども式場の運営は初めての経験だったが、二人三脚でノウハウを学んでいった。「父から引き継いだ資産があることが心強い支えになった」と哲也氏は話す。

その後、哲也氏が事業の多角化の先頭に立つ。13年に社長を継ぐ前から、式場に隣接するレストランの経営からカフェの業態にも進出。04年に閉園した「近鉄あやめ池遊園地」の跡地を結婚式場に再生するプロジェクトにも乗り出した。

11年に開業した奈良市の「イリスウォーターテラス菖蒲(あやめ)池」だ。遊園地跡の静かな水辺に囲まれた緑豊かな風景をそのまま残した。デベロッパーと事業借地契約を結び、結婚式場だけでなくレストランやカフェなどを併設。遊園地を懐かしむ世代にも身近に感じてもらうことを目指した。

街づくりと一体で運営

現在は関西など5カ所で経営する結婚式場には、父の代からの思いがある。出身地の奈良には思い入れが強いが、「観光地が多くありながら人口流出が続いていることに危機感を抱いてきた」。式場は大阪など都市部に集中しがちで、奈良県在住でも地元で挙式をしない若い世代は多い。

地元で商機を見いだせないか。参入のきっかけの1つが、倒産が後を絶たない業界の現状だった。式場運営は建設費や維持コストがかかるうえ、人手など経費がかさむ。ホテルなどとの競争も激しい。「挙式を予定していた式場が倒産し、悲惨な目にあったカップルもみてきた」(哲也氏)

同社が最も重視するのはハコモノに頼った式場運営ではなく、街づくりと一体で運営できるかだ。「夫婦のスタート地点のはずなのになくなってしまう式場もある。5年、10年先を考えたときに地域に必要とされる空間にしたい」という。

結婚式場、レストラン・カフェに次ぐもう一つの新規事業が写真スタジオだ。奈良県橿原市にある「ツールズ サラハウス」。室内にはブランコやのぼれる壁など子どもが遊べる道具が並ぶ。

家族写真を撮影する層が減る一方、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の普及を背景に、写真に新たな付加価値が求められていることに注目して開設。日常に近い空間で家族の印象的な表情を撮影できるとあって、地域の若い家族層の支持を集める。

実は、哲也氏が13年に悦弘氏から社長を継いだ時、すんなりというわけではなかった。その1年前、事業の成功で自信を深めた哲也氏が「自分に社長を譲ってほしい」と頼んだが、父は「まだ早い」と首を横に振った。

葛藤はあったが、父の厳しさに触れ、より仕事にのめり込んでいった。そんな息子の姿を見ていた悦弘氏は翌年、自分から正式に息子に社長承継を申し入れた。今では哲也氏に経営のほとんどを任せている。

現在の売上高は30億円程度。20年に70億円が目標だ。式場運営は新規参入も多く、少子高齢化による市場縮小で競争が激しい。現在はブライダル関連が売上高の4割を占めるが、今後はカフェや写真スタジオに続いて街づくりに貢献する新たな事業にも進出する考えだ。

(大阪経済部 川上梓)

[日経産業新聞 2018年3月14日]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン