2018年12月17日(月)

成田空港の発着時間拡大に地元同意 1日19時間半に

2018/3/13 20:12
保存
共有
印刷
その他

国土交通省と成田国際空港会社(NAA)、千葉県、空港周辺9市町は13日、成田空港の機能強化に関する4者協議会を千葉市内で開いた。国交省などが提案した第3滑走路の新設や発着時間の延長に関し、9市町などは了承した。将来の第3滑走路の運用開始に合わせ、空港全体の発着時間を現在の1日17時間から19時間半に段階的に拡大する。

発着時間の拡大や第3滑走路新設などを周辺自治体が了承した

訪日外国人(インバウンド)が増加し、成田空港の発着回数が年々増えているのに対応する。発着時間の延長や第3滑走路の稼働を通じ、同空港の発着枠は年間50万回と現在の約1.7倍に広がる見通しだ。

国交省とNAAは2017年6月、第3滑走路稼働後の運用案を地元自治体に提示。3本の滑走路の夜間・早朝の発着時間をずらすことで、各飛行ルート下で暮らす住民に6時間ずつ飛行機が飛ばない「静穏時間」を確保するとした。ただ、地元からは騒音の悪化を懸念する声が相次いだ。今年2月に国交省などが静穏時間を7時間に延ばす修正案を示し、地元と調整を進めていた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報