2018年6月25日(月)

「対立、何も進まない」県民に徒労感も 辺野古訴訟で県敗訴
沖縄の選択2018

2018/3/13 21:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 米軍普天間基地(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡り、県が国を相手取って工事差し止めを求めた那覇地裁の訴訟は13日、県側請求が全面的に退けられた。弁護団からは怒りの声が上がる一方、県民の間には「対立をやめて前進すべきだ」との意見も。首長選や裁判でことごとく国と県が対立する構図には徒労感も広がっている。

 「司法の役割を放棄している」。13日午後、訴えを却下された県側弁護団は、記者会見で怒りをに…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報