名大病院など患者情報3000人分紛失 研究生PC、ゲームセンターで盗難

2018/3/13 20:35
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

名古屋大学は13日、医学部付属病院(名古屋市昭和区)の研究生がノートパソコンなどを東京都内のゲームセンターで盗まれ、保存していた約3000人分の患者情報を紛失したと発表した。研究生がかつて勤務していた大垣市民病院(岐阜県大垣市)の患者情報も含まれていた。

同大学によると、付属病院所属の男性研究生(33)が2月下旬、東京都内の勉強会に出席後、立ち寄ったゲームセンターで私物のノートパソコンやUSBメ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]