2018年6月26日(火)

ビールの定義、4月変更 「かんきつ系」で個性勝負

2018/3/14 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 大手4社が果実風味のビールを相次ぎ発売する。キリンビールは13日、4月中旬にレモンを使ったビールを発売すると発表。サントリービールとサッポロビールもかんきつ系の果実を使う商品を投入する。国税庁が4月に予定するビールの定義変更により、従来ビールには使えなかった素材が使えるようになる。個性的な商品を投入し成熟市場で需要を喚起する。

 現在のビールは酒税法により麦芽の使用比率が67%以上に定められ、使え…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報