/

この記事は会員限定です

米輸入制限、知財で二の矢 中国製品の関税上げ検討

[有料会員限定]

【ワシントン=河浪武史】トランプ米政権は鉄鋼とアルミニウムの輸入制限に続き、中国の知的財産権の侵害を理由に広範な同国製品の関税を引き上げる検討に入った。大統領権限で制裁措置が科せる通商法301条の発動を視野に日本や欧州連合(EU)にも連携を求める。日欧など主要国は中国の知財侵害を強く批判してきたが、米国の強硬策は逆に国際的な反発を招く可能性が強い。

独自の貿易制限の第2弾として検討するのは、中国の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1032文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン