/

この記事は会員限定です

パナソニック、もう一つの挑戦

編集委員 小平龍四郎

[有料会員限定]

創業100年のパナソニック。AI(人工知能)やあらゆるモノがネットにつながるIoTの技術を軸に、次の100年を生き残るビジネスモデルの構築に挑んでいるという。パナソニックの挑戦はモノ作りにとどまらない。企業統治(コーポレートガバナンス)の分野でも、株式市場関係者をうならせる挑戦に乗り出した。

どういうことか。パナソニック企業年金は2月7日、日本市場で投資活動をする際の規律、「日本版スチュワードシップ・コード」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1344文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン