グーグルに会社売った日本人起業家 狙う100兆円市場

テクノロジー
(1/3ページ)
2018/3/27 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2013年に米グーグルは、東大発スタートアップでロボット開発のSCHAFT(シャフト)を買収した。その直後、シャフトは米国のロボット競技会で首位となり、大きな注目を集める。東大出身の技術者と協力してシャフトを立ち上げ、グーグル売却への道筋を付けた人物が加藤崇氏である。現在は米国シリコンバレーで水道管の劣化状態を人工知能(AI)で分析するスタートアップのフラクタを立ち上げた。加藤氏は次に何を仕掛け…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]