2018年12月14日(金)

ロシア外相「努力を評価」、韓国特使と会談

2018/3/13 20:00 (2018/3/14 0:36更新)
保存
共有
印刷
その他

【モスクワ=小川知世】韓国大統領府の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長は13日、大統領の特使としてロシアを訪問し、ラブロフ外相と会談した。鄭氏は先に会談した北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長、トランプ米大統領との協議内容を説明した。

ラブロフ氏は「韓国の努力を評価する」と述べ、朝鮮半島情勢の緊張緩和に期待を込めた。

鄭氏は12日に訪中し、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席と会談。ロシアにも南北と米朝の首脳会談を含む、今後の政治プロセスへの支持を求めた。ラブロフ氏は「平和的解決を支援できる全員で、前線を築く必要がある」と応じ、今後の協議に積極的に関与する姿勢を示した。

ロシアは対話の動きを歓迎しているものの、ロシア抜きで協議が進むことへの警戒感も強い。ラブロフ氏はかねて、米朝首脳会談を対話で終わらせずに「6カ国協議や国連安保理で認められた原則に基づく政治的な交渉へ道を開くことだ」と話している。北朝鮮問題への影響力を高めるため、6カ国協議などの枠組みでの議論を求めていく考えとみられる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報