/

トルコ国会、政党連合認める法改正

【イスタンブール=佐野彰洋】トルコ国会は13日、異なる政党が連合を組んで総選挙に臨むことを認める法改正を承認した。トルコの選挙法は得票率が10%に達しない政党の議席獲得を認めていない。今回の法改正は、エルドアン大統領が率いる与党・公正発展党(AKP)の事実上の連立相手で、単独で10%を得票するのが困難視される民族主義者行動党(MHP)を救済する策とみられる。野党は公平な選挙の原則に反すると強く批判し、国会では議員同士の乱闘も起きた。

エルドアン氏は2017年4月の国民投票で、大統領に権限を集中する憲法改正を僅差で承認に持ち込んだ。改憲後の強力な権限を享受するには、19年11月の次期大統領選で勝利しなければならない。国会総選挙との同日選で、勝利にはMHPの支持つなぎ留めが不可欠とみられる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン