2019年7月24日(水)

運動部指針「週2日休養」 中高で効率的な練習促す

2018/3/13 17:12
保存
共有
印刷
その他

スポーツ庁の有識者会議は13日の会合で、中学校での適切な運動部活動の運用に向けた指針案を了承した。学期中の部活動で週2日以上の休養日を設けるとともに、1日の活動時間は平日2時間、休日3時間程度までとする。効率的な練習を促し、長時間化による生徒の負傷リスクを避けるのが狙いで、高校の部活動にも原則適用する。

学校側の高い目標設定などにより過熱しがちな部活動に歯止めが設けられることで、多忙な教員の働き方改革にもつながることが見込まれる。ただ、競技志向の強い生徒や期待する保護者もおり、現場では一律の適用に慎重論も根強い。

指針に法的な拘束力はないが、今後、各教育委員会や学校にはこの内容を参考にした具体的な活動方針づくりが求められ、スポーツ庁が取り組み状況を定期的にフォローアップすることになる。

指針では外部指導員の活用や科学的トレーニングの積極的な導入が盛り込まれたほか、少子化の進行を踏まえ、学校単位の運営から一定の地域単位の活動へと移行することも視野に入れるべきだと記載。学校と地域が融合した形で、地域のスポーツ環境の充実を進めていくとした。

一方、体育の授業以外にあまり運動しない生徒も多いことから、競技志向とは一線を画したレクリエーション色の強い部活を広めるなどして運動の機会を確保することも求めた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。