/

この記事は会員限定です

中国、反腐敗の新組織 強力な調査権付与

[有料会員限定]

【北京=永井央紀】中国の国会に相当する全国人民代表大会(全人代)は13日、汚職摘発の新機関「国家監察委員会」の権限を定める監察法案の審議に入った。法案は監察委にあらゆる公職者を対象とする強力な調査権を付与。摘発対象は従来の数倍に広がる見込みで、習近平(シー・ジンピン)国家主席(総書記)の2期目の政権基盤を支える強力な機関となる。

法案は監察委の目的を「あらゆる公的権利を行使する公職者への監督を強化...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り354文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン