2019年3月19日(火)

3/19 5:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: バフェット氏の最新助言「米国の強みとコストの怖さ」[有料会員限定]
  2. 2位: リース基準に揺れる市場、企業価値の見極めに甘さ[有料会員限定]
  3. 3位: 「初」の敵対的TOB 光と影 (一目均衡)
  4. 4位: レオパレス、混迷深まる オーナー借り入れは2兆円規模[有料会員限定]
  5. 5位: 投信 縮まぬ日米格差 日本は「テーマ型」に偏重[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,584.50 +133.65
日経平均先物(円)
大取,19/06月 ※
21,410 +170

[PR]

業績ニュース

自動車1台当たりの営業利益、首位SUBARU36万円、スズキが健闘

2018/3/14 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自動車メーカーの1台当たりの営業利益を比べたところ、2018年3月期見通しでSUBARUが約36万円で首位を維持する。無資格検査問題の影響が限られる一方で強みの米国販売が好調なためだ。健闘が目立つのはスズキで約10万円と、この4年で5割増となる見通しだ。欧州やインドで好採算の小型車の販売が伸び、「稼ぐ力」が高まっている。

スバルの今期の1台当たりの営業利益は、16年3月期からは約20万円低くなる…

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム