2018年6月23日(土)

6/23 13:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 40年ぶり続落記録を食い止めたOPEC[有料会員限定]
  2. 2位: ワールドが再上場 MBOから13年、経営再建にメド[有料会員限定]
  3. 3位: 米国株、ダウ119ドル高で9日ぶり反発 石油株高い、米中摩擦の懸念は一服
  4. 4位: 破綻した日本海洋掘削の市川社長「市況読み誤った」
  5. 5位: もう1つの「現金は王様」 株相場、波乱に備え[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,516.83 -176.21
日経平均先物(円)
大取,18/09月 ※
22,460 -140

[PR]

業績ニュース

自動車1台当たりの営業利益、首位SUBARU36万円、スズキが健闘

2018/3/14 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 自動車メーカーの1台当たりの営業利益を比べたところ、2018年3月期見通しでSUBARUが約36万円で首位を維持する。無資格検査問題の影響が限られる一方で強みの米国販売が好調なためだ。健闘が目立つのはスズキで約10万円と、この4年で5割増となる見通しだ。欧州やインドで好採算の小型車の販売が伸び、「稼ぐ力」が高まっている。

 スバルの今期の1台当たりの営業利益は、16年3月期からは約20万円低くなる…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

新着記事一覧

読まれたコラム