/

この記事は会員限定です

衛星データ事業進出を後押し、道が4月新組織

[有料会員限定]

北海道は企業による衛星データの活用を後押しする。4月に官民で構成する新組織を立ち上げ、企業が事業の創出に向け、専門家に相談したり助言を受けられたりする体制を構築する。道内では農林水産業関連でのデータ活用に関心が集まっている。データを使った新分野への事業進出や業務の効率化などを実現し、道内企業の成長につなげることを目指す。

道が新たに設ける組織は「衛星データ利用ビジネス創出協議会」(仮称)で、専門家...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り865文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン