/

データ分析人材を育成、データロボットがサービス提供

日経クロステック

人工知能(AI)ベンチャーの米DataRobot(データロボット)の日本法人は2018年3月12日、データ分析ソフトウエアの利用権と教育プログラム、コンサルティングの3つをセットにしたパッケージサービス「AI-Driven Enterprise Package」を4月1日に発売すると発表した。

同パッケージではデータ分析・機械学習用ソフトウエア「DataRobot」の最大50人分のライセンスを提供。同ソフトを使いながら、全従業員を対象にした入門者向けや、経営者向け、現場でデータ分析に携わるユーザー部門向けの教育コースを用意する。事業に役立ちそうなデータ活用方法を学んだ上で、実際に社内で立ち上げるデータ活用プロジェクトを同社のコンサルタントが指南する。

DataRobotは深層学習を含む様々な機械学習やデータ分析手法をあらかじめ実装し、データを投入すると網羅的に分析結果をビジュアルに示すソフトウエア。クラウドで提供するほか、オンプレミス環境で運用できるようパッケージ版も用意する。

会見で新サービスを説明したDataRobot Japanのシバタ アキラ チーフデータサイエンティストは、このソフトウエアを使うことで、数学的な専門知識を持たない現場のスタッフもデータサイエンティストとして育成できるとしている。その特徴を生かし、「AIの民主化」を企業内でも推進するため、今回のパッケージ商品を開発したという。料金は非公表。

(日経 xTECH/日経コンピュータ 玄忠雄)

[日経 xTECH 2018年3月12日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン