2018年9月26日(水)

9/26 16:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: TATERU、不正を予想したヘッジファンド[有料会員限定]
  2. 2位: 株、配当落ち埋める先高観 相場とVI同時上昇が映す強気[有料会員限定]
  3. 3位: 日経平均大引け 8日続伸、2万4000円台回復 8カ月ぶり
  4. 4位: 東証14時 一段高、8カ月ぶり2万4000円台 先物買いが継続
  5. 5位: 東証後場寄り 上げ幅拡大、2万4000円に接近 上海株高も追い風

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 24,033.79 +93.53
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
24,000 +260

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

スペシャルトーク[映像あり]

日経マネー 発行人 大口 克人

9月26日(水)14:18

トヨタ 欧州で法人向けカーシェア[映像あり]

日産自 検査不正の最終報告書を国交省に提出

9月26日(水)13:01

[PR]

ポジション・フラッシュ

フォローする

「アベグジット」で円高の現実味
経済部 中村結

2018/3/13 12:51
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 学校法人「森友学園」への国有地売却の決裁文書を巡る問題が、外国為替市場で本格的な取引材料になってきた。安倍晋三政権を揺るがしかねないとして、円とドルの取引で存在感が大きい海外勢も関心を強め始めたためだ。ちょうど1年前も円相場に影響を与えた森友問題だが、「今回は深刻度が違う」と外為市場の参加者は身構えている。

 「海外勢も、12日から意識し始めましたよ」。ステート・ストリート銀行の貝田和重氏は外為市…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップマーケットトップ

ポジション・フラッシュ 一覧

フォローする

新着記事一覧

読まれたコラム