2018年9月25日(火)

異物混入など報告義務に 食品衛生法改正案を閣議決定

2018/3/13 10:09
保存
共有
印刷
その他

 政府は13日、食品衛生法などの改正案を閣議決定した。異物混入などによる食品の自主回収について、事業者に都道府県などへの報告を義務付ける。消費者が食品による健康被害を訴えた場合、都道府県などへの届け出義務も課す。今国会での成立を目指す。

 食品の自主回収を巡っては、全国の情報をまとめて公表する仕組みがない。このため厚生労働省は、事業者が都道府県などに報告した情報を集約し、ホームページなどで公表する。

 食品による健康被害情報を国が集約する制度も創設する。消費者が健康被害を訴えた場合、都道府県などへの届け出を事業者に義務付ける。国は都道府県などからの報告を受け、有識者会議で注意喚起や販売禁止などの対応が必要か検討する。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報