2019年3月21日(木)

米ダウ・デュポン、リバリス会長が4月退任

2018/3/12 23:30
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=稲井創一】米化学大手ダウ・デュポンは12日、アンドリュー・リバリス会長が4月1日付で退任すると発表した。リバリス氏は長年、旧ダウ・ケミカルのトップを務め、旧デュポンとの経営統合を主導した。ダウ・デュポン取締役からも7月1日付で退任する。後任の会長には、ジェフ・フェティグ社外取締役が執行責任を伴わない形で就任する。

ダウ・デュポンは2019年3月末までに農薬、汎用化学、特殊化学の3社に分離する計画。12日には、旧ダウに相当する汎用化学会社の最高経営責任者(CEO)に旧ダウ出身のジム・フィッタリング氏が就任する人事も発表した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報