/

フィリピンに経済ミッション ひたちなか商議所

ひたちなか商工会議所(茨城県ひたちなか市)は3月20~23日、鈴木誉志男会頭(サザコーヒー会長)を団長とする経済ミッションをフィリピンに派遣する。フィリピンはドゥテルテ大統領のもとで高い経済成長を維持し、治安も改善傾向にある。英語が幅広く通用することから、新しい投資先や人材確保のための拠点としての可能性を探る。

ミッションは製造業3社をはじめとする企業6社などを中心に構成。期間中には首都マニラのほか、ミンダナオ島ダバオなどを訪問する予定だ。ミッションにはソフトウエア企業も参加し、人材確保や開発のアウトソースの拠点とできないか調査する考えだ。

ひたちなか商議所は米国に事務所を開設している。今後の会員企業の投資先や人材確保の拠点として、フィリピンを軸にアジアの拠点づくりも検討している。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン