2018年6月22日(金)

国産合板が値上がり 需要堅調、丸太高も押し上げ

2018/3/12 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 国産の針葉樹合板が値上がりした。住宅の壁の下地などに使う構造用は2月末に比べ2%上昇した。公共施設向けを中心に合板需要は底堅い。スギやヒノキなど丸太の高値によるメーカーの値上げを商社や問屋が受け入れた。競合する輸入合板価格も高止まりしており、建築需要が動く春以降に一段と値上がりする可能性がある。

 構造用の針葉樹合板(12ミリ)は東京地区の問屋卸価格が現在、1枚1080~1100円。2月末に比べ2…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報