「関西最後のフィクサー」 内藤千百里・関西電力元副社長が死去

2018/3/13 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「情報は上から下に流れない。ましてや下から上には流れない。水平に流れるんだ」。1月27日に亡くなった内藤千百里元関西電力副社長から聞いた言葉だ。「50のレベルの情報を持つ者には50の、より高度な100レベルの情報があれば同じ100レベルの新情報が入ってくる」と説いた。

1962年に芦原義重元社長の秘書に就いて以降、関電の対外工作を一手に引き受けた。およそ関西の経済絡みで知らぬことは無く、自身が持…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]