2018年11月21日(水)

「森友」書き換えの余波懸念 重要法案どこへ行く
霞が関2018

政策研究
コラム(経済・政治)
2018/3/13 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

財務省が学校法人「森友学園」への国有地売却の決裁文書を書き換えたことを受け、霞が関では国会の空転に伴って、重要法案の審議が停滞する懸念が強まっている。厚生労働省は働き方改革の関連法案を提出するメドが立たず、国土交通省も道路法の改正案が成立しなければ道路整備に遅れが生じる。

■道路整備の補助、期限切れも

「今は1日も早く国会が正常化するように見守るしかない」。厚労省幹部は12日、財務省の決裁文書書き…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報