2018年9月26日(水)

崩れる新卒採用ルール 経団連が見直し着手

2018/3/12 21:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 経団連は12日の会長・副会長会議で、2021年春入社の学生を対象とした就職活動ルールの見直しに着手した。会員企業は6月の採用面接解禁、10月内定の段取りで動いているが、前倒しやルール緩和を検討する。生産性向上や人口減への対応に追われる企業が、時期に関係なく、自由に採用できる余地を広げるのが狙い。新卒一括採用後に終身で雇用する日本の慣行が変わる。

 「時代はどんどん変わる。一定時期に採用をするやり方…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報