/

この記事は会員限定です

シェア経済、納税環境の整備急げ 重松大輔氏

シェアリングエコノミー協会 代表理事

[有料会員限定]

私が代表を務めるシェアリングエコノミー協会にはスタートアップから大手企業まで230社が加盟している。政府が制定したガイドラインに基づいた認証制度をつくり、自主ルールにのっとって適正な事業者を認証している。

シェア経済の推進に向けて連携する自治体を「シェアリングシティ」として認定し、自治体が保有する遊休資産の有効活用や地域の就業機会の創出に役立てる取り組みもしている。現在までに千葉市や浜松市など1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り740文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン