2018年9月26日(水)

衣類スチーマー、5年で単価2.3倍 高機能品増える

価格は語る
コラム(ビジネス)
(1/2ページ)
2018/3/15 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 歓送迎会のピークとなる3~4月。大人数での宴会も増えるなか、衣類に付いたシワや臭いが気になる人も多いだろう。こうした悩みを簡単に解決できるのが衣類スチーマーだ。昨今の形態安定シャツの普及などもあり、市場は急拡大。平均販売価格は5年前に比べ2倍以上になるなど、高付加価値品への需要が高まっている。

■市場は5年で10倍以上に拡大

 衣類スチーマーは高温の水蒸気を服にあてることでシワをとり、洋服をハンガー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報