/

この記事は会員限定です

レーザー加工、AIで自動化 三菱電機や東大が連携

[有料会員限定]

三菱電機パナソニック、東京大学など23の機関は機械部品や精密部品に使うレーザー加工を人工知能(AI)によって自動化する連携組織を立ち上げた。これまで職人の勘や経験に頼ってきた加工に関するデータを協力して集め、最適な条件をAIに学習させる。3年以内にAIに学ばせるデータベースを整備し、人手不足を補うAI開発につなげる。

レーザー加工が難しい炭素繊維強化プラスチック(CFRP)などを切断できる専用装置も開発する。自動車...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り343文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン