/

阪神、先発投手底上げのカギ握る若手の躍動

オープン戦で1勝6敗1分けの最下位(12日現在)と低迷する阪神だが、若手にアピールの機会を与える金本知憲監督の方針の下、将来性を感じさせる頼もしい先発投手陣も台頭してきている。大黒柱のメッセンジャーも36歳を迎え、大器の藤浪晋太郎も伸び悩む中、開幕ローテーション争いに名乗りを上げる19歳の才木浩人、23歳の小野泰己ら有望株の一層の成長が、先発陣強化のカンフル剤となる。

才木は長身からの角度のある直球が持ち味=共同

兵庫・須磨翔風高からドラフト3位で2017年に入団した才木は、189センチの長身から投げ下ろす角度のある直球を最大の持ち味とする右腕。150キロ超の球威十分のストレートは潜在能力の高さを感じさせ、ルーキーイヤーに1軍で2試合に登板するなど首脳陣の期待も大きい。

才木、武器の直球に自信深める

6日のDeNA戦(甲子園)では、藤浪の後を継いで五回から2番手で登板した。4回を1安打無失点。このうち3回を三者凡退に封じる投球内容で「真っすぐで押していける感じがあった。自信につながる」とアピールに成功した。

圧巻だったのは六回。まだ肌寒く、打者のスイングが完全には仕上がっていない時期とはいえ、桑原将志、大和の主力クラスを含む3人を3連続空振り三振にしとめた。高めに伸び上がるような軌道の速球は、相手打者が思わずバットを出してしまうほどの威力。この効き目を生かし、フォークボールでも2つの三振を奪った。

「まだ高めに浮いてしまう割合が高い。(打者が)振ってくれないときに自滅してしまう」と才木。武器である直球の質と精度をさらに高める必要性を自覚したが、春季キャンプからの重点課題であった変化球のコントロールには確かな手応えも感じた様子だ。「スライダーでストライクが取れた。変化球でカウントを稼げるのは大きい。いい方向にいっているのかな」

オープン戦のマウンドで粗削りながら力強さを示した大型右腕を、香田勲男投手コーチは「若者らしい躍動感、『打てるものなら打ってみろ』というものをすごく感じた」と高く評価した。まだ高卒2年目だけに、金本監督は「セット(ポジション)になると(球威が)落ち気味になる。あとはスタミナ。五、六、七回以降のスタミナが見たかったけどね」と慎重な姿勢を崩さないが、「しっかりアピールして、先発ローテーション入りのチャンスがあるならどんどん狙いたい」と野心を隠さない19歳の存在は、先輩投手たちに大きな刺激を与えている。

大卒2年目の今季、先発ローテへの定着が期待されるのが右腕の小野だ。150キロ台の速球は打者の手元でも球速が落ちない切れ味抜群の球筋。新人だった17年は1軍で15試合の登板機会を与えられた。昨年8月、13度目の先発でようやくのプロ初勝利。今季は高い力量と素質にほれ込み、我慢の起用を続けた金本監督の信頼に成績で応えるシーズンとなる。

小野、フォークの精度向上に手応え

小野は先発ローテへの定着が期待される=共同

沖縄・宜野座キャンプでは、練習試合や紅白戦で順調なアピールを続け、金本監督からキャンプの"投手MVP"として名前を挙げられた。オープン戦では7日のDeNA戦(甲子園)に先発し、5回を2安打無失点の好投。51球で投げ終え「テンポよく、ストライクを先行させることを課題としていた。それができて本当によかった」と充実感を漂わせた。

二回1死一塁では、新外国人のソトをわずか1球で投ゴロ併殺打に打ち取り「併殺を取りたい場面で、低めに直球を投げてゴロを打たせることができた。しっかり指にかかった球は、低めも(下に)垂れずに投げられた」と小野。ただ、本人が速球の出来以上に手応えを得たのは、フォークボールの精度の向上だ。

この日、主砲の筒香嘉智を空振り三振と遊飛に仕留めたのは、いずれもフォーク。昨季は打者を追い込んでからのフォークがすっぽ抜け、甘いストライクゾーンに入ることが多く、決め球となる変化球を磨くことがキャンプからのテーマだった。「きょうはしっかり腕が振れて、球をたたける感じだったのがよかったんじゃないか。追い込んでからのフォークがいいところで落ちたので、シーズンに入ってもそこへ投げきれるようにしたい」

「真っすぐに頼らない組み立てができるのが理想」と投球の幅を広げつつある2年目右腕は「昨年もたくさん投げさせてもらった。今年は開幕から1年間投げきるという強い気持ちを持って臨む」と頼もしい。

長らく先発ローテの屋台骨であるメッセンジャーは、春季キャンプ終盤に右肩の張りを訴えた。まだまだ馬力十分とはいえ、年齢面での不安要素も抱える。先発の一角を担う左腕の能見篤史も38歳。かつての球威はなく、シーズンを通しての活躍を計算するのは難しいだろう。伸び悩んでいる藤浪や左腕の岩貞祐太らの危機感をあおり、競争を激化して先発陣全体を底上げする意味でも、才木や小野、評価急上昇のドラフト2位ルーキー左腕、高橋遥人ら生きのいい若手の突き上げが必要だ。

(常広文太)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン