/

この記事は会員限定です

香港映画、強まる本土色

(グローバルViews)

香港 粟井康夫

[有料会員限定]

香港映画がかつての輝きを失っている。カンフー映画やコメディー、ノワール(犯罪映画)が世界的な人気を集めた1980~90年代の黄金時代に比べて製作本数は激減した。中国本土との合作映画の増加もテーマやストーリーに制約をもたらしている。

2018年の春節(旧正月)、中国の映画館で大ヒットを記録したのが「紅海行動」だ。中東イエメンの内戦で逃げ遅れた数百人の中国人を中国海軍が救出した実話を基にしたアクション...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2124文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

グローバルViews

いま大きく揺れ動く、世界経済。 自分か。自国か。世界か。このコラムでは、世界各地の記者が現地で起きる出来事を詳しく解説し、世界情勢の動向や見通しを追う。 今後を考えるために、世界の“いま”を読み解くコラム。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン