/

この記事は会員限定です

森友文書書き換え 政権運営に懸念強まる

[有料会員限定]

学校法人「森友学園」への国有地売却に関し、財務省が決裁文書の書き換えを認めることで、安倍晋三首相の政権運営への懸念が強まっている。麻生太郎財務相や首相の辞任を求めてきた野党が勢いづくのは確実だ。首相は12日の財務省の調査報告などを通じて事態の収拾を急ぐが、新たな対応を迫られる可能性がある。

立憲民主党の長妻昭代表代行は11日のフジテレビ番組などで「佐川宣寿前財務省理財局長の指示と言って収めようとい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1166文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン