/

この記事は会員限定です

シニアの待遇改善、士気向上めざす スバルやJR西日本

[有料会員限定]

2018年の春季労使交渉ではシニア社員の待遇改善も主要なテーマとなる。SUBARU(スバル)の労組は60歳以上の再雇用者の賃上げで正社員と同額の3千円を要求。JR西日本の労組は再雇用者の年収が急減する現行制度の撤廃などを求める。人手不足対策や技能承継でシニアの活躍が求められるなか、その待遇改善が企業の競争力を左右する。

スバルは60歳以上、原則65歳までの再雇用者について月3千円の賃上げを要求している。正社員のベースア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り343文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン