米医療機器大手ジンマー、日本で再生医療に本格参入 関節治療用

2018/3/12 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米医療機器大手ジンマー・バイオメットは国内で関節治療用の再生医療製品の本格展開に乗り出す。血液中に含まれる炎症を抑えたり、組織の再生を促したりする成分を高濃度で抽出し、患部に注射する治療法で、病院向けに再生医療関係の法規対応を支援する。2020年までに250の病院での採用をめざす。

再生医療スタートアップのセルソース(東京・港)と組んで展開する。米国で販売中の「APS」と呼ばれる治療法のキットを…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]