/

この記事は会員限定です

「プーチンの料理長」暗躍 裏部隊使いネット工作か

[有料会員限定]

2016年の米大統領選へのロシアの介入疑惑を捜査するモラー特別検察官がロシア人13人を起訴した。米当局はいずれもネット上での情報操作を疑われる企業「インターネット・リサーチ・エージェンシー(IRA)」に関与したと断じ、プーチン大統領に近い実業家エブゲニー・プリゴジン被告を首謀者に挙げた。ロシアの工作で暗躍するこの人物は何者か。

ロシア第2の都市サンクトペテルブルクにあるIRAの拠点。「貸しビル」と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1458文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン