スポーツ > MLB > ニュース > 記事

MLB

大リーグFA、イチローも苦戦 データ分析で若手優位

2018/3/10 18:22
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

開幕に向けプロ野球はオープン戦真っ盛り。海の向こうの米大リーグも同じで、今季から投打二刀流で挑戦する大谷翔平選手(エンゼルス)ら、日本選手の動向にファンは心躍らせる。その一方、今季はフリーエージェント(FA)選手の所属先がなかなか決まらなかった。大リーグ歴代21位3080安打のイチロー選手もしかり。史上まれに見るFA市場の停滞は、ベテラン選手への厳しい視線が主な原因だ。

3月9日、古巣巨人と契約…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

MLB 一覧

米大リーグのキャンプが再開し、ブルペンで投球練習するエンゼルスの大谷翔平(3日、アナハイム)=代表撮影・共同

 【アナハイム=共同】米大リーグで一昨年の右肘手術からの投手復帰を目指すエンゼルスの大谷翔平が3日、アナハイムの本拠地エンゼルスタジアムで、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で3月中旬に中断していたキ …続き (4日 10:19)

 【ニューヨーク=共同】米大リーグ機構は3日、ドジャースの本拠地ロサンゼルスで7月14日に予定していた今年のオールスター戦を中止すると発表した。新型コロナウイルスの感染状況や大規模集会が禁止されている …続き (4日 10:19)

 【ロサンゼルス=共同】米大リーグ機構(MLB)と選手会は3日、キャンプ再開に際して行った選手らの新型コロナウイルス検査の結果を発表し、3185人のうち約1.2%に当たる38人が陽性反応を示した。この …続き (4日 9:16)

ハイライト・スポーツ

[PR]