/

海外アサリ、熊本産と表示 九州農政局が是正指示

九州農政局は9日、中国や韓国で育てられたアサリを「熊本産」と不正に表示して販売したとして、福岡県大牟田市の個人業者に対し、食品表示法に基づき表示を是正するよう指示した。少なくとも2015年1月~17年11月、熊本県内で1~6カ月程度育てたアサリ約1万5千トンを「熊本産」として流通業者に販売したという。

九州農政局は同時に原因究明の徹底や、再発防止策の実施も指示した。

農林水産消費安全技術センターが小売店のアサリを調べたところ、外国産とみられるものが国産品として流通していることが発覚した。これを受け、九州農政局が昨年末以降、この個人業者の事務所に立ち入り検査していた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン