2018年9月25日(火)

9/25 14:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 吉野家HD、家族・女性を集める「黒い新型店」[有料会員限定]
  2. 2位: 東証前引け 小幅続伸 権利取り狙いの買い 一時2万4000円接近
  3. 3位: 3つの「悪い話」でも底堅い米株[有料会員限定]
  4. 4位: 東証10時 小幅高、一時2万4000円接近 配当取り狙いの買い
  5. 5位: HIS、ネット予約普及への対抗軸[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,794,118億円
  • 東証2部 92,521億円
  • ジャスダック 102,703億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.36倍 --
株価収益率15.06倍15.33倍
株式益回り6.63%6.52%
配当利回り1.62% 1.66%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,916.71 +46.78
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
23,740 -10

[PR]

スクランブル

フォローする

分散投資、受難の時代 株・債券の値動き同方向に
編集委員 松崎雄典

2018/3/9 22:21
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 投資家がリスク志向を強めると、株式が買われ、比較的に安全とされる債券は売られやすい。当たり前の関係のようだが、実は1990年代後半から強まった現象だ。トランプ米大統領の政策は以前の相関に戻す可能性を秘める。株と債券が同時に下落し、資産分散の効果に乏しい相場になりかねない。

 9日の株式相場では、米朝首脳会談の意向を受けて日経平均株価が一時、前日比500円を超える上昇となった。午後にかけて伸び悩むま…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム