/

名古屋の公立保育園、給食に異物混入30件 17年度

名古屋市は9日、市内の公立保育園の給食にビニール片や金属片などの異物混入が見つかったケースが2017年度は3月5日までに30件あったと発表した。16年度は20件だった。2月に中村区の市立保育園の給食にガラス片が混入していたことを受け、2年度分の実態を調査した。市は食材の点検を徹底するよう各保育園に呼びかけた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン