/

沖縄副知事が退任へ 後継に事務方トップ

沖縄県の翁長雄志知事は9日、県庁で記者会見し、浦崎唯昭副知事(74)が3月末で退任し、後任を事務方トップの謝花喜一郎知事公室長(60)が引き継ぐと発表した。浦崎氏の退任で、2014年の翁長県政発足当時から務めた2人の副知事が辞めたことになる。

謝花氏は知事公室長として米軍普天間基地(宜野湾市)の名護市辺野古移設問題を担当。翁長氏は基地問題の対応を含め「厚みが増した」と強調。浦崎氏は記者団に、新体制で新年度を迎えるべきだとの認識で翁長氏と一致したと説明した。

浦崎氏はかつて自民党に所属した元県議。浦崎氏と同時に副知事に就任した元那覇市議会議長の安慶田光男氏は、教員採用試験を巡る口利き疑惑で昨年1月に辞任し、後任には経済学者の富川盛武氏が就いた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン