/

この記事は会員限定です

太陽光発電、コスト低下が変えるエネルギー勢力図

商品部 久門武史

[有料会員限定]

太陽光発電のコストが低下し、普及が加速している。発電装置が量産と価格競争で値下がりし、発電事業の規模が拡大し事業者の数も増えている。日照量の多い中東で発電単価が世界最低となる事例が続き、米国や中国、インドといったエネルギーの大消費国も太陽光発電の伸びが鮮明だ。新たなエネルギー源として存在感が高まれば、化石燃料の価格の押し下げ圧力になる。

1キロワット時あたり2.34セント(約2.5円)――。2月、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1396文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン