2018年11月13日(火)

ユニソンプラネット、AIがサイト画面選択 ソフト開発

スタートアップ
2018/3/12 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ソフト開発のユニソンプラネット(大阪市、金本相揮社長)はホームページの制作で、利用者のタイプに合わせてトップ画面を自動で変えられるソフトを開発した。人工知能(AI)を活用して年齢や性別ごとに利用動向を解析し画面の表示に生かす。ウェブページ制作のコストや手間を抑えたい中小の医療機関などの利用を見込む。

2017年8月に発売したAI活用の制作ソフト「A―BiSU」の機能として導入する。機能の利用には…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報