/

この記事は会員限定です

ユニソンプラネット、AIがサイト画面選択 ソフト開発

[有料会員限定]

ソフト開発のユニソンプラネット(大阪市、金本相揮社長)はホームページの制作で、利用者のタイプに合わせてトップ画面を自動で変えられるソフトを開発した。人工知能(AI)を活用して年齢や性別ごとに利用動向を解析し画面の表示に生かす。ウェブページ制作のコストや手間を抑えたい中小の医療機関などの利用を見込む。

2017年8月に発売したAI活用の制作ソフト「A-BiSU」の機能として導入する。機能の利用には追...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り279文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン