2018年9月26日(水)

9/26 16:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: TATERU、不正を予想したヘッジファンド[有料会員限定]
  2. 2位: 株、配当落ち埋める先高観 相場とVI同時上昇が映す強気[有料会員限定]
  3. 3位: 日経平均大引け 8日続伸、2万4000円台回復 8カ月ぶり
  4. 4位: 東証14時 一段高、8カ月ぶり2万4000円台 先物買いが継続
  5. 5位: 東証後場寄り 上げ幅拡大、2万4000円に接近 上海株高も追い風

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 24,033.79 +93.53
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
24,000 +260

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

スペシャルトーク[映像あり]

日経マネー 発行人 大口 克人

9月26日(水)14:18

トヨタ 欧州で法人向けカーシェア[映像あり]

日産自 検査不正の最終報告書を国交省に提出

9月26日(水)13:01

[PR]

グローバルOutlook

フォローする

市場を駆け巡る日本の政治空白リスクの亡霊
編集委員 滝田洋一

(1/2ページ)
2018/3/13 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 電撃的な米朝首脳会談の実現を、日本の金融・株式市場はひとまず歓迎してみせた。地政学リスクの後退があいさつ代わりに語られる。その半面、森友文書問題は安倍晋三政権を大きく揺さぶっている。政権の安定を大前提にしてきた市場が、日本に再び政治空白が生じるリスクを織り込むのはこれからだ。

 緊張と融和の振り子。1993年に北朝鮮が核拡散防止条約(NPT)脱退を表明して以来繰り返されてきた、寸劇がまた演じられよ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム